MENU
きなママ
このブログを書いてる人
愛犬きなことはじめての子育てを日々がんばってます。
日々の中で感じたことや困ったことなどを書いていって、いつかそれが誰かの役に立てれば嬉しいな。

\ 当ブログも絶賛カスタマイズ中  /

赤ちゃんのマグはいつから?何を飲むの?歯並びに影響は?

こんにちわ!きなママです(@kinako_chiwax)
ご訪問ありがとうございます
転勤族の妻で、実家と離れた場所で生活してます。
周りに頼れる人もおらず初めての子育てなので体当たりの毎日です!
性格はめんどくさがりの超適当さん。
ここではそんな私が「こんな情報先に欲しかったな」というのをまとめていきたいと思います。

生後5か月も過ぎ、「よし、離乳食始めるか!」って思ったときにこんなことを思いました。

そういえば赤ちゃんはミルク以外に何飲むんだろう?
ていうかストローやコップの練習はいつからするんだろう?
ストローって歯並びも心配だしどうなの!?

ということで、そんな疑問を解決したいと思います!

ポイント

  • 赤ちゃんのストロー・コップの練習開始は離乳食と同じく生後5~6カ月頃から。
  • 赤ちゃんのミルク以外の飲み物は基本「湯冷まし」か「麦茶」!
  • ストロー飲みは歯並びに影響が出やすい!でも飲むトレーニングは大事!

\ 当ブログも絶賛カスタマイズ中  /

もくじ

赤ちゃんのストロー・コップの練習開始は離乳食と同じく生後5~6カ月頃から。

離乳食が始まると、今までミルクでとっていた水分がちょっとずつ減っていくことになるので、ミルク以外でも水分補給が必要ということでストローやコップの練習を開始します。

一般的に離乳食と同じく生後5~6カ月頃に始めることが多いそう。
もちろんもっと早い子もいるし、遅い子もいるし、だいたい1歳頃までにはほとんどの子がストロー飲みができるようになっているそうです。

ストローを使う場合は大人用のストローではなく子ども用の細いストローを使います。
あんまりたくさん出てきても赤ちゃんのお口は小さいので溢れてむせちゃいますからね。

またコンビリッチェルなどでステップアップしながら練習できるようなマグもあり、そちらを使う人の方が最近では多いのではないでしょうか?

【ストローマグ】コンビ・リッチェルどっち派?比較してみました。

私の中で勝手にストローマグの二大巨頭となっているコンビとリッチェル。
その違いを比べてみたいと思います。

コンビ(ラクマグ ストロー&コップ はじめてセット)

コンビのマグは形もコロンとしていて可愛く、絵柄ははじめてセットだとソーダ・ボーダー・マリンの3種類。
このはじめてセットには無いですが、ディズニーやポケモンとのコラボ商品も可愛いです。
また、私もコンビのマグを買ったのですが部品が少なくて洗いやすく楽ちんなところが気に入ってます。

コンビスタイルオンラインショップ
¥2,750 (2021/11/20 18:08時点 | 楽天市場調べ)

リッチェル(トライ ステップアップマグセットR)

絵柄はこのセットだとライトブルーとピンクの2種類。
リッチェルマグのコンビと違うところはスイッチポンで開くところフタが取り外せるところスパウトマグになるところ
スイッチポンはわりとどっちでもいいかなと思うのですが、フタが取り外せるのは邪魔にならなくていいと思います。コンビのフタはパカっと開いて固定されるのでそこまで邪魔にはならないのですが、赤ちゃんはなんでも口に含んでしまいますからね。うちの子はよくフタにかぶりついてます。
またスパウトマグとは哺乳瓶みたいに上向きになっても飲めるマグのこと。形状としてはストローを取り外すだけなのでストローマグ・スパウトマグのチェンジは簡単にできます。
あとは部品がわけわけできるので、洗うのが面倒ではありますが清潔さは保ちやすいかと思います。

楽ちんさやお手軽さを重視するならコンビのラクマグ ストロー&コップ はじめてセット

機能性や清潔さを重視するならリッチェルのトライ ステップアップマグセットR

という感じでしょうか。

赤ちゃんのミルク以外の飲み物は基本「湯冷まし」か「麦茶」!

赤ちゃんは大人と同じものはまだ飲めません。
基本的には「湯冷まし」か「麦茶」などの糖分やカフェインの無いものです。

湯冷ましとは一度沸騰して人肌まで冷ましたもの

麦茶も大人と同じだと味が濃いので3倍~4倍くらいまで薄めてあげます
心配な場合は赤ちゃん用の麦茶も市販であるので、買ってみてもいいかもしれません。
外出用にも便利ですしね!

ストロー飲みは歯並びに影響が出やすい!でも飲むトレーニングは大事!

 のサイトによると、

赤ちゃんの歯というのは、舌で内側から押す力と唇で外側から押す力のバランスによりきれいに並ぶようになっているのですが、唇の力が弱いと歯を外側から押す力が弱くなり、歯並びが広がってしまいます。

https://www.richell.co.jp/babychell/drinking_training/

とのことで、おっぱいやミルクを飲むときは舌の力で吸っていて、唇の力を鍛えるのには飲むトレーニングも大事だそう。

歯科大学の教授や歯学博士の方々に言われると説得力がありますよね。

ですが、八戸総合 歯科・矯正歯科 さんのサイトを覗いてみると、

0歳からストローのついたマグやスパウト(小さな穴が開いた大きめのストローのようなマグでの飲みは、口の周りの筋肉を収縮させて嚥下するため異常嚥下癖を誘発しやすくなるので注意が必要です!

http://www.n-yoshida.jp/blog/mame/3393/

つまり変な舌の使い方が癖になってしまい歯並びに悪影響がでやすくなると・・・

難しいですね・・・

わたしのまとめ

  1. 離乳食と一緒にスプーンで飲み物を飲む練習をし始める。
  2. 生後7~8カ月くらいになると、おちょこくらいの小さいコップなら赤ちゃんでも上手に持てるようになるらしいので、それからコップ飲みの練習を始める。
  3. ストロー飲みは6歳くらいからが理想。

参考:八戸総合 歯科・矯正歯科 http://www.n-yoshida.jp/blog/mame/3241/

まとめ

ということで、

まとめ

  • ストロー・コップは離乳食と同じく5~6カ月くらいから始めることが多い。
  • 赤ちゃんが飲むのは一度沸かして冷ました「湯冷まし」か薄めた「麦茶」。
  • 赤ちゃんの歯並びにとってはストローは良くない場合が多い。スプーン飲みから始めて7~8カ月頃になったらコップで飲めるように頑張ろう。
  • ストローを使うのは6歳くらいからが理想。

ということでした!

お外ではストロー飲めないと難しいし、ストロー迷いますよね・・・
スプーン飲みとはじめてセットのコップの練習も始めてみようかな。

\参加してます♪/

ブログランキング・にほんブログ村へ

\応援よろしくお願いします♪/

よかったらシェアしてください♪

この記事を書いた人

愛犬のきなこと一緒にはじめての子育てを日々がんばってます!
子育ての中で感じたことを書いていって、それがいつか誰かの役に立てれば嬉しいな。

コメント

コメントする

もくじ
閉じる